借金解決マル秘マニアル集


たった5分で実行に移せる!過払い金請求法


「1年で300万円貯まる、借金完済・裏マニュアル!」30日間サポートand利息制限法引き直し計算エクセルシート付











借金の消滅時効について


ある状況がずっと続くと、その事実を追認するように権利や効力が消滅することがあります。
これが時効です。刑事事件の時効は刑の時効や公訴の時効、民事事件の時効は消滅時効と取得時効という種類があります。
借金時効は消滅時効が該当します。
時効の制度はこの他に色々な場面に適用され、殺人の時効などもこの制度によるものです。
消費者金融を利用して借りたお金にも消滅時効があります。
キャッシングローンなどで作った負債が時効によって消滅するための期間は、契約日か最後に返済をした日から数えて5年と定められています。
借金が消滅時効によって消えた場合、以後は貸した側は返済請求ができません。
ただし、借金を消滅させるためには、法律で定められた5年の間、お金を貸した側からの返済請求がなく、返済もしていない状態が続かなければなりません。
とはいえ、何もせず借金を返さないでいただけでは借金は時効にはなりません。
借金時効のための消滅時効は、消滅時効の援用といって相手にはっきりと伝えることで初めて効果を発揮します。
時効までの5年の日数の数え方にも条件があり、いくつかの条件が満たされることで日数の計算が止まったり振り出しに戻ったりします。
借金の消滅時効を利用するつもりがあるならば、債務があることを認める行動(返済請求に応じる)や、訴訟を起こされると時効になりませんから気をつけましょう。

カードローン地獄!! そんなの関係ない!!のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14055604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター |
|
キャッシングローンミニ知識 |
|
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 |
| カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!