借金解決マル秘マニアル集


たった5分で実行に移せる!過払い金請求法


「1年で300万円貯まる、借金完済・裏マニュアル!」30日間サポートand利息制限法引き直し計算エクセルシート付











借金の時効中断について


キャッシングローンを利用した場合の返済の時効は5年と定められています。
しかし、ただ5年が経ちさえすれば条件が満たされるというわけではありません。
借りた側が条件付きの返済に同意するなど借金の存在を認める行為を取った時や、貸した側が訴えるなどして裁判の権利を使った時は期日の計算はリセットされます。
時効に必要な日数は数え直されることになり、今まで数えていた日数は全て0に戻ってしまいます。
債務の承認といって借りた側が借金の存在を求める行為をしたり、消費者金融側がの請求行為が時効中断の理由になりえます。
このことは民法に明記されているのです。
中断理由の一つである、金融会社側の請求は単に返済を求める電話や通知ではなく、裁判に訴える請求のことです。
請求が内容証明郵便で届いた時に限り、その請求から半年以内に裁判で訴えられるとその時点で時効が中断となります。
封を開けなければ受け取り拒否と同等になると、郵便物の中身をあらためない人がいます。
しかしそれは違います。
負債者側の行動によっても、消滅時効の消失は発生することがあります。
借金の一部を支払ってしまったり、借金の存在を認めるようなことをした場合がこれに当たります。
金融業者側はそれをわかっていますので、時効期間が過ぎた借金でも普通に返済依頼を出してきます。
もし減額提案書などに署名をすると、借金の存在を認めたことになるので返済義務が消えないのです。
減額提案書に署名をすると債務者が借金の存在を認めたことになるので、借金時効までの有効期間は一から数え直しになってしまいます。

カードローン地獄!! そんなの関係ない!!のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14169260
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター |
|
キャッシングローンミニ知識 |
|
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 |
| カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!