借金解決マル秘マニアル集


たった5分で実行に移せる!過払い金請求法


「1年で300万円貯まる、借金完済・裏マニュアル!」30日間サポートand利息制限法引き直し計算エクセルシート付










【カードローン】 の記事一覧


カードキャッシング返済時の注意点


カードキャッシングの返済を続けるにあたって、突然の出費や不測の事態などで、今月の返済がどうしてもできないということも起こるかもしれません。
これまで順調に返していたのに、突発的な交通事故や冠婚葬祭などで返済に回せるお金がなくなることがないとは言い切れません。
返済が滞りかけた場合、単純に考えれば、別なところからお金を借りて、それで返済するという形がいいように思えるかもしれません。
ですが、一旦審査を通ってキャッシングカードを作ってもらうと、それ以後の借り入れがしやすくなってつい借りてしまうかもしれません。
個別に利息がついて、結果的に辛くなります。
うまくいくとは限りませんが、キャッシングカード会社に事情を話すことでその月の返済額を調整してもらえる場合もあります。
その月だけしのげれば後の返済は何とかなるのなら、その月の約定日は利息だけを支払えば最低限の返済義務は満たされたとみなされます。
返すお金の総額は結果的には増えますが、急な事態には対処できます。
返済日に返せるお金がないからと連絡もせずそのままにしておくと、キャッシングカード会社側から担当者の名前で電話をかけてきます。
この場合、キャッシングカード発行している会社名を名乗ることはありません。
しかし返済が間に合わなさそうなら事前に連絡しておく必要があります。
もしも返済が約3ヶ月または60日より遅れると、「延滞」という記録が信用情報機関CICに記されます。
この情報は「事故情報」といい、手続きを取れば5年間の間は保存されたものを閲覧できます。
「延滞」記録がついた人は、ローンやクレジットカード、消費者金融の審査がうまくいかなくなるケースがあります。
借りる時も返す時も、手順そのものは簡単なはずですが、なぜか借りる時より返す時の方が足が重くなりがちなようです。
きちんと借りたお金を返すためには、借りた金は早く返し終えた方が気が休まるという心持ちでいるといいようです。


カードローン地獄!! そんなの関係ない!!のTOPへ
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター |
|
キャッシングローンミニ知識 |
|
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 |
| カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!