借金解決マル秘マニアル集


たった5分で実行に移せる!過払い金請求法


「1年で300万円貯まる、借金完済・裏マニュアル!」30日間サポートand利息制限法引き直し計算エクセルシート付










【進学ローン】 の記事一覧


進学費用とローンの役割


進学費用とローンの役割について調べてみました。
義務教育後にかかる費用は、子供の誕生時から計画しておきたいものです。
どんな方向に進学するにせよ、十分な教育を与えるためには、果たしてどのくらいの貯金を準備をしておくべきでしょうか。
2006年に行われたあるアンケートでは進学ローンを考えず進学費用のための貯蓄をするのなら、目標額は400万〜600万円という人が半数近くを占めました。
大学にかかる進学費用を考える場合、子どもが大学に進む18歳までに大学進学費用の半分を貯めておくことが目安です。
大学でかかる費用はというと、自宅から離れて1人暮らしをしながら私立大学に通う場合には約1,000万円が、自宅から国公立大学に通う場合は500万円の諸費用がかかります。
これは、選んだ大学や生活スタイルによっても大きく異なります。250万〜500万円が大学にかかる費用の半分になりますので、目標額はこの数字になります。
この試算は1人の子供に対してかかる費用なので、2人、3人の子供がいる時は子供ごとに準備が必要になります。
大学に入るまでにかかる教育費は、教育費として貯めていたお金を崩すのではなく、月々の収入やボーナスからその時々で支払えると理想的です。
大学に入るまでに必要な額を貯めるためには、小中高の時点で貯金を切り崩していては危険です。
それでも私立や遠方の学校に通うことになったり、お金のかかる学習が必要になったりと不測の出費があってもおかしくありません。思いがけない出来事などで進学費用がまかないきれなくなったり、思うように貯蓄ができなくなった時は、どうしても進学ローンを使うことにもなるかもしれませんので研究する事必要だと思います。

カードローン地獄!! そんなの関係ない!!のTOPへ
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター |
|
キャッシングローンミニ知識 |
|
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 |
| カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!