借金解決マル秘マニアル集


たった5分で実行に移せる!過払い金請求法


「1年で300万円貯まる、借金完済・裏マニュアル!」30日間サポートand利息制限法引き直し計算エクセルシート付











住宅ローンの借り換えを長期固定金利にする場合


住宅ローンを借り換えると一口にいってもそのパターンは様々です。
返済までの計画や、その家庭の将来までの見通しによって、借り換えの必要性や理想的な形は違います。
固定金利制の住宅ローンを組んだ方がいいだろうと思われる家庭は、このような環境の人です。
子どもが国公立に進学する予定でいるなど支出の計画がはっきりしており、収入も変動がなく未来にわたって安定している人は固定金利に向いています。
将来的に資産を増やし、貯めた貯蓄で繰り上げ返済等を行うことが無理そうな人もこのカテゴリです。
借り換えは結婚や転職、独立などをすると難しくなるので、リスクを減らしておくべきでしょう。
借り換えによって固定金利の住宅ローンにすることで、将来の金利変動で返済額が増加するリスクを軽減できます。
住宅ローンを組んだ最初のうちは月々の返済額を重く設定し、その後減らしていくという返済プランが都合がいいという人もいます。子育てが始まったら夫婦の片方が仕事を辞めるつもりがある、あるいは転職の予定がある人はここに当てはまります。
今後のライフステージで支出が多くなりそうな人、例えば子どもの数が多く育児費、教育費がかさみそうな人や、その他の大きな出費を考えている人は少しでもローンの返済総額を減らせるプランを選びたいものです。
子育て開始と前後して家を購入した場合、住宅ローン返済の前半期は子どもの養育費などの影響でローン返済以外の支出が多く、収入と支出との見通しが不透明になりがちです。
そこで、子育てが一段落して家計に余裕が出るまでの10年は固定金利型、その後は変動金利型のミックスプランの住宅ローンに借り換えるという方法もあります。
将来の計画を確実に立てておきたい人ならば、変動要素の強い変動金利制より固定金利制での返済が合うのではないでしょうか。

カードローン地獄!! そんなの関係ない!!のTOPへ
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター |
|
キャッシングローンミニ知識 |
|
サプリメントの基礎知識 | 結婚式マナー教室 |
| カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!